中学受験の勉強のコツ

中学受験は何といっても長丁場です。実際に学習塾に通いだすのが3年生、4年生からというのが相場になっていますが、とんでもない知識、暗記もこなさなくてはなりません。
個人学習ではなかなか身につかない毎日の反復練習、そして専用のテキストが各教科ごとに準備される学習塾がほとんどです。

実はこの毎日自主学習でこなしていく暗記、反復練習こそが中学受験に打ち勝つためのポイントになるわけです。
学習塾であれば、この毎日の反復練習の成果を試す小テストなども行われるので自分自身の成果を確認することができます。

とにかくこの積み重ねを5年生が終わるまで繰り返し行うことで基礎力は身に付きます。そしてその基礎力を6年生になったら模擬試験や志望校別の問題集を解くことで応用力に変えていくわけです。このプロセスをしっかりこなせる子供が中学受験への合格に近くなっていきます。

学習塾でこのプロセスを踏むことはできますが、自宅学習でこのプロセスを踏んでいくことは非常に難しいといえます。だからこそ、中学受験は自宅学習よりも学習塾に通うことで成功に近づく。これこそが王道だといえるわけです。
後はどんな塾を狙っていくか、しっかり見極める必要があります。

INFORMATION

2016年12月01日
ホームページを更新しました。