中学受験で算数の成績を上げる勉強法のコツ

中学受験における算数はかなり重要な科目になりますが、一方でかなり難しい科目でもあります。

いろいろな難しさというのがありますが、算数というのは一体誰が解けるのか?と思うような難問が一部含まれていることが多いです。そして、それに時間をとられると、他の問題にかける時間がなくなり、全体の点数も伸びないということが起きやすいです。
正解率がかなり低いような問題というのがだいたい算数には含まれていますが、その問題は取り組んだら負けのような状態なので、どうやってその問題を見抜くか?そして、できるだけ時間をかけないで見抜くか?を毎日の勉強で訓練して、正解率の高い問題、難易度が相対的に低い問題のみを解くという戦略を身に付けていかないといけないのです。

算数は問題の取捨選択という能力をいかに高めるか?という部分でかなり点数が変わってくるということになりますから、そういう視点でも勉強していかないといけない難しい科目と言えるのです。

もちろん中学受験においては基本的な問題も解けるようにしておく必要がありますので、そちらも怠ってはいけません。基礎に関しては日頃からしっかりと反復問題を解いて、応用問題も難なくこなせるようにしておく必要があります。