中学受験には、読解力が重要

中学受験の勉強において、重要度が非常に高いのは「読解力」です。これは、国語の読解を伸ばすということだけではありません。
国語のみならず、算数、社会、理科、すべての科目において「問題文を読むこと」「解答として、何を求められているのか」を読み取る力は必須だからです。

国語以外の教科が伸び悩む時、知識や理解の不足を原因と考える方は多いですが、文章題や設問をよく読んでいないために勘違いして正答していないということは、非常に多くあります。つまり、読解力は中学受験の基礎になる、非常に大事な能力になります。

読解力は、たくさん本を読めば獲得できるというわけではありません。文章を読み内容を楽しむ、単に知識を得るということと、何が書かれているかを理解するというのは異なります。ですから、中学受験に対応する読解力を身につけるためには、効果的、専門的な勉強をすることが必要です。

国語の読解力については、塾で月齢毎の能力を考慮したカリキュラムに沿って勉強することができます。設問で聞かれていることに対する解答は何なのか、それをどのように見つけるのか、といった解法のテクニックは、家庭学習のテキストだけでは難しいものです。
他の教科においても、塾では知識を詰め込むだけではなく「そもそも説明文をちゃんと読む」「問題文をきちんと読む」ということから指導していますので、結果的に読解力の向上に役立つ内容を提供しているのです。